Archive for the ‘最近の情報について’ Category

82歳になる父は、アルツハイマー型認知症と診断されています。
これまでは左右の海馬のうち、左に委縮がみられたものの、右が非常に優秀で左の萎縮をカバーしていたことから、とっくに認知症の症状を呈していてもおかしくなかったのに、今まで自分でなんでもやってこられたのは素晴らしいと、専門のお医者様に褒めていただきました。
そんな父も、昨年、二度の腰骨の圧迫骨折により、みるみるうちに認知症の症状が進んできました。
昼夜逆転、ありもしない物や、いないはずの人が見えると騒ぎ、財布を盗まれたと一日に何度も激怒します。
その様子を見ながら、いずれは自宅介護が困難になるのではと心配しています。
我が家は縦に長い三階建て、二階の寝室にまで階段を上れなくなるようになるのは、時間の問題でしょう。
そこで、自宅近くにある老人ホームを見学することにしたのですが、いちばん近いところにあるのは特別養護老人ホームだったことから、入居が困難であり、まさに病院の大部屋といった感じでした。
そこで、有料老人ホームをあたってみたところ、自宅からそう遠くないところに新しくでき、見学会を開催するというチラシをみつけました。
行って実際に見てみた感想は、これなら安心して暮らせるということでした。
全館バリアフリーですし、医師、看護師、介護士が常駐しています。
原則個室ですが、広々としたリビングや、回想ルームといって、昭和の時代の四畳半の部屋に、ちゃぶ台と白黒のブラウン管テレビが置かれている場所などもあって、昔の記憶を呼び覚ます工夫がされています。
こうした設備が整っているところが、やはりお金は高くても有料老人ホームのいいところです。
もしも自宅での介護がもうだめだというところまで追い込まれたとしたら、同じ預けるなら環境のいいところで過ごしてほしいものだと思います。
頑固者の父ですが、意外と話し好きな面もあり、話を聞いてくれる人が常にいる環境なら、気に入って入居してくれるかもしれないと思ったりしたのでした。