Archive for the ‘充実したサービスと設備’ Category

老人ホームというと特別養護老人ホーム(特養)と有料老人ホームの二つに分かれます。
「特別養護老人ホーム」は、公的な施設のため低料金で利用できますが、個室に1人で入れることは少なく大部屋と言うのが普通です。
公的な施設であり、運営の母体は社会福祉法人や地方自治体があたります。
そしてなにより入居するのに、65歳以上で要介護1~5の認定を受けて、同時に、常に介護が必要な状態である必要があります。
つまり歳をとって、動きが鈍くなってきたくらいでは入ることが出来ないのです。
一方、有料老人ホームは、大半が民間の企業によって運営されており、タイプとしては、①介護付②住宅型③健康型の3つのタイプに分かれます。
原則は65才以上ですが、認定のレベルに縛られて入りたいのに入れないと言うことはありません。
特養との比較でいうと、居室は基本的に個室となり、プライバシーが守られますし、ホーム内のアミューズメントの施設も充実しており居住するにはとても快適な空間となっています。
時期的なことも影響しますが、有料老人ホームは新築の建物が多く、月々の支払いは 特養は15万円以下ですが有料老人ホームも20万円以下が多いです。
両方に住んだ経験のある入居者は、「価格の差以上に、コンテンツに差があり過ぎます。
スタッフの数が全然違います」と多くの人達が口にします。
また24時間看護職員の配置や、クリニック併設のホームも最近は出てきており、親族の方も任せて安心という環境が更に整ってきています。