自宅近くの有料老人ホームの見学

Posted in   ホーム体験談

まだ建設されてそれほど期間の経っていない有料老人ホームの見学に行ってきました。
自宅から近いこともあり、将来介護が必要になった時の候補地になるかもしれないからと、ケアマネージャーさんにすすめられてのことでした。
有料老人ホームは入居の申し込みが多く順番待ちになっていることも多いといいます。
しかし建てられてから間がないこともあり、入居の交渉段階のところはあるにせよ、まだ空きがみられるようでした。
なによりも入居者とのバランスもあるのかもしれませんが、職員も募集中という段階にあり、他の部署から移動してきたというかたも見られました。
建物自体は非常に頑丈なように見え、おそらく地域で地震でもあるようなことがあれば、避難に利用させてもらいたいと感じるくらいでした。
その一方で内装はというと、とても柔らかな光を取り入れていて、当然であることもあり、ちょっとしたホテルのようにも思えました。
nullしかし入居者の方に意見を聞いてみるとこれまで和室で暮らしていたので、少し落ち着きがないようにも話してくれました。
施設側もまだまだオープンしたばかりなので、細かい意見を取り入れきれていないといいます。
今後は畳の空間を作ったりしたいと話してくれました。
入居者にとっては生活をする区間になりますから、どれだけ入居者目線に立った環境整備ができるようになるかが、たいせつな家族を任せたいとおもうかどうかの違いになりそうに感じました。