祖母の有料老人ホーム入居の経験から思う問題点

Posted in   ホーム体験談

有料老人ホームの入居問題は、少子高齢化が進み続ける現代の日本で、とても深刻な問題だと思います。
そもそも老人ホームの数が足りないという話も聞きますし、この問題は現役世代がみんなで考えなければならないと感じています。
数年前に亡くなった私の祖母についても、有料老人ホームの問題で考えさせられた経験があります。
一人暮らしをしていた祖母でしたが、高齢になってからはずっと訪問介護を受けていたようです。
しかし、だんだん年を重ねるごとに、認知症の症状が出てきてしまい、一人暮らしが困難になってきてしまいました。
そこで老人ホームへの入居を検討するのですが、なかなか入居できなかったのです。
親戚一同で、老人ホームが見つかるまで世話をしたのをよく覚えています。
nullやっと見つかった有料老人ホームでは、とても親切なサービスを受け、親戚みな安心して介護を任せることができました。
祖母も、最期に老人ホームで過ごせて良かったと思っているでしょう。
いま、国をあげて高齢化や老人ホームの問題に取り掛かっているようです。
なにより喫緊の課題だと思うのは、慢性的な人手不足だと思います。
そして有料老人ホームで働く人の給与水準がもっと上がれば、質の高いサービスが期待できるのではないでしょうか。
高齢化がますます進むであろう現代社会において、同じような悩みを抱えている方は多いと思います。
今後、より国民的な議論が深まって、お年寄りの住みやすい街になることを願ってやみません。